THETA S(シータS) レビュー 使い方  RICO(リコー) 映画監督レビュー

2016.08.19 by kazu

THETA S(シータS) レビュー 使い方  RICO(リコー) 映画監督レビュー

kantoku
はい、どうも、フリースタイルマーケティングのサモハン大倉です。

kantoku
監督の機材紹介のコーナーです。


本日、フリースタイルマーケティングにある機材の紹介ということで、今回はこちらですね、リコーさんの「THETA S」、360度カメラとなっております。

main_img_01

THETA S(シータS)使い方レビュー

 

はい、こちらけっこう使うことが多くて、けっこう主力で働いてくれてるんですけども、360度カメラっていったいなんなのか?っていったら、まあいうたら360度の写真なり動画が撮れるというカメラですね。

こちらの360度カメラで撮った映像は、今までにない映像が撮れます。なので、臨場感のある映像が撮れたりして。

使い方がけっこう簡単で、こういう横にボタンが3つあるんで。
ボタンがね、3つしかないんですよ、これ。

超簡単なんですけど。電源が一番上のボタン、押します、
そしたら青くなりました、点きましたー、ね。

次、これがWi-Fiボタン、Wi-Fiの、今ピカピカしてます、
これですね、下から2個目のWi-Fiボタンがピカピカしてます。

で、一番下のボタンを押すと、
こちら、一番下のボタンを押すと、
こう写真・ビデオっていう切り替えができるんですね。
こういうiPhoneなどスマートフォンで、
「THETA S」のアプリがあるので、
それを入れると、
こいつとこいつが連動するということで、
こいつ(スマホ)で操作ができます。

データの管理もこちらでできます。
かなり便利となっております。

基本的に、こちらのね、ど真ん中に、本体、
横には3つボタンあって、こっちで1個しかボタンがないんですよね。

ここにボタンがあるんです。

これを押すと、まあ録画開始、もしくは、
写真撮影開始というボタンとなっております。

ただそれだけなので、誰にでも簡単に使えるかなと思います。

解像度とかなんですけども、
基本的に、こちら(スマホ)の方で切り抜きます。

1920もしくは1280のフルハイビジョンかハイビジョンの画質を選ぶことができます。

ただ、360度カメラなので、
普通の平面とは違って、
より広い画で撮るので、
フルハイビジョンでもやっぱり普通のビデオカメラよりは
若干画質は粗くなってしまうのはまあ、
まだちょっと、そのへんも仕方がないかなと。
今後の360度カメラの進化に期待してます。
では過去に360度で撮った映像っていうのをこちらの方に
載せておきますので、
ちょっとね、360度カメラのをここで見せるの
ちょっと難しいんですけど、
いちおうこんな感じですーと、
ここ載せときます。

なので、
こちら360度カメラで、
お店のPRなど、
色々と使えるかと思いますので、
ぜひこれでお試しください。

360カメラで撮影した映像



スマホでごらんになって頂くと面白い映像を
ご覧になっていただけますよ。

 



にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
kazu
YOUTUBEで稼ぐ方法を初め FACEBOOKノウハウ メールマガジンノウハウ 全てのアフィリエイトノウハウをお伝え致します。 メンタリストとして活動している反面もあるので、 メンタル向上も踏まえて読むだけで人生が輝く きっかけになるように記事を書きます。

bn01

bn02

bn03

bn04

bn05

bn06

bn07

bn08

bn09

bn10

bn01_sp

bn02_sp

bn03_sp

bn04_sp

bn05_sp

bn06_sp

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加