プレミアプロ入門11:リンク外れとその対処法

2016.10.11 by kazu


11.リンク外れとその対処法

AdobepremiereProの使い方
Adobe公式サイト
アドビ公式サイト:クリエイティブ、マーケティング、文書管理ソリューション

誰もがプレミアを使っていたら一度は出てきたことがあるリンク外れ。
初めて見た人は意味がわからなくなるかと思いますので、今回はリンクについて説明します。

リンクが外れるとは一体どういうことか。
プレミアに撮影した素材をドラッグもしくは読み込みで、プロジェクトに入れます。
この時点で、プレミア上に素材のファイルがプレミアに読み込まれます。

そして編集作業開始。
時間がかかる編集では1日で終わらないこともあるでしょう。
で、保存して、プレミアを終了。

翌日プレミアを立ち上げるとこんな表示が!!

01%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a
kantoku
メディアがない!?
これがリンクが外れた状態です。
プレミアを使っていくとこーゆー事態に一度は遭遇すると思います。

これはどういうことなのかを紹介していきます。
プレミア上に素材を入れます。

これは、プレミアに「僕のパソコンに入ってるここにあるこの素材を編集で使いたいですー」
とプレミアに言っているだけなんです。
プレミアさんは「はいよーここにあるこれですねー」と言ってくれます。
そして「あとここにある、これと、ここにあるこれもお願いしますー」とどんどんプレミアに素材を入れてあげます。
プレミアさんは「オッケーオッケー。じゃんじゃん持ってきておくれ」と気分良く引き受けてくれます。

さー必要なものがそろったから編集するぞー。と編集を始めて、今日はここまでってな感じで、保存して、プレミアさんとバイバイします。
プレミアさんは「明日もよろしくー」ってな感じで眠りにつきます。

そして、このまま何もせずプレミアさんを立ち上げた時は問題ないのですが、ここでやってはいけない事があります。
それが、ファイルの整理。
例えば「あー昨日した編集、色々なところから素材入れちゃったなー。これは一つにまとめておこう。」と、新しいフォルダを作って、そこに昨日の素材を移動させて、
「よーし、ファイルの整理もできたし編集再開するかー」と意気揚々とプレミアを立ち上げると。
悪夢の

01%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a
となります。
これは、昨日保存した時点で、プレミアさんは「ここのフォルダにあるこの素材だね」と記憶しているからです。
ところが今日立ち上げてみると、「あれ?ここのフォルダにあったこの素材が見当たらない」と悩みます。
そして、「この素材、ここにあったはずだけどないんですけど、どこっすか?」
と言ってくるのがリンク外れの原因です。

ここで、もう一度プレミアさんに「これはここに移動したよ」と教えてあげれば、「オッケー」とプレミアさんは言ってくれます。ただ、これを無視すると。

02%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a
メディアオフラインとなり、プレミアさんは「この素材はどこにあるかわかりません。おしえてくれたら表示するけど、教えてくれないなら映さねーよ」と怒るわけです。(怒ると表現してますが、PCに問題が起こるとかはありませんのでご安心ください)

という事なので、パソコンのフォルダを整理する事も、大事な事ですが、むやみにファイルを移動しまくると、リンクが外れる可能性があるので、注意しましょう。

また、プレミア上でわかりやすくするために素材の名前を変えるのもリンクが外れる原因です。
パソコンのフォルダ上、例えば「01.mp4」の映像素材があるとします。
それをプレミアに読み込んでから、「01.mp4じゃわかりにくいから、サモハン.mp4にしよう」
と名前を変えた場合。プレミアを一度落として立ち上げた時、元のフォルダにある名前と、プレミア上にある名前が違うので、リンクが外れる事もあるので、注意が必要です。

kantoku
というふうに、プレミアを使っていれば、思わぬ事態がおこりますが、パソコンがぶっ壊れるとかはないので、落ち着いて対処しましょう!

今回はここまで!
サモハン大倉でした!

にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

The following two tabs change content below.
kazu
YOUTUBEで稼ぐ方法を初め FACEBOOKノウハウ メールマガジンノウハウ 全てのアフィリエイトノウハウをお伝え致します。 メンタリストとして活動している反面もあるので、 メンタル向上も踏まえて読むだけで人生が輝く きっかけになるように記事を書きます。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加