プレミアプロ入門:15 プロジェクト保存とオートセーブ

2016.10.14 by kazu

15.プロジェクト保存とオートセーブ

AdobepremiereProの使い方
Adobe公式サイト
アドビ公式サイト:クリエイティブ、マーケティング、文書管理ソリューション

今回は万が一の事態に備えて、プロジェクト保存、オートセーブ機能の説明をさせていただきます。
プレミアを使っていると必ず一度は訪れる悪夢。

それがクラッシュ!

つまりはPCに負荷がかかり、プレミアが勝手に落ちてしまう現象です。
そして再びプレミアを立ち上げると・・・。

kantoku
最初から!

なんてこともあり得ます。せっかく編集したものを一からやり直す。
これほどモチベーションを下げるものはありません。

そんな時に大事なのがこまめにプロジェクトを保存すること。
⌘+Sでプロジェクトの保存ができるので、こまめに保存することを癖づけましょう。
ただそれでも編集に集中して忘れてしまうこともあることでしょう。

必死に編集した挙句、プレミア画面がフリーズ、つまりはクラッシュです。
パチスロ打っててのフリーズは大歓迎ですが、プレミアのフリーズは悪夢でしかありません。

kantoku
僕はこんな時は編集をやめてパチスロ打ちに行きます。笑

気をつけていてもフリーズ、クラッシュは起きます。パソコンのスペックにもよりますが、誰もが一度は経験することです。
そんな時のための保険がプレミアにはあります。
それがオートセーブ。
これはその名の通り、任意に保存をしなくても勝手に保存してくれる機能です。

何分に一度保存するかの設定ができます。
ではその設定方法を説明していきます。

01
画面左上のpremiere pro CCをクリック、環境設定から、自動保存を選択します。

02
ここで自動保存の間隔を設定します。5分に一度10分に一度等、自分で設定することが可能ですので、パソコンのスペックが低い、最近よくクラッシュするなんて方は、この間隔を短くするのもいいかもしれません。

これで急なクラッシュでも、一度オートセーブからプロジェクトを開くことで、全てをやり直すことがなくなりますので、編集を諦めて、パチスロに行くこともなくなるかもしれません。
オートセーブは、プレミアのファイルのところに自動的に作成されます。

03
オートセーブは便利な機能ですが、オートセーブの間隔を短くすればするほど、保存ファイルが増えてしまいます。その一つ一つは大した容量はありませんが、編集とは時間がかかるものです。チリも積もればなんとやら、という言葉の通り、気がつけば数ギガ使ってることもありますので、オートセーブは15分に一度ぐらいにし、基本的には⌘+Sで保存することをオススメします。

今回はここまで!
サモハン大倉でした!

にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

The following two tabs change content below.
kazu
YOUTUBEで稼ぐ方法を初め FACEBOOKノウハウ メールマガジンノウハウ 全てのアフィリエイトノウハウをお伝え致します。 メンタリストとして活動している反面もあるので、 メンタル向上も踏まえて読むだけで人生が輝く きっかけになるように記事を書きます。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加