YouTube戦略ならお任せください!

プレミアプロ入門6:便利な素材の乗せ方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

プレミアプロ入門6:便利な素材の乗せ方

AdobepremiereProの使い方
Adobe公式サイト
アドビ公式サイト:クリエイティブ、マーケティング、文書管理ソリューション
イン点アウト点を打って素材を乗せる。
効率が上がるというのは前回紹介しました。
今回はさらに便利な素材の乗せ方を紹介していきたいと思います。

素材をプレミアプロのタイムラインに乗せる方法

ソースでイン点アウト点を打って
タイムラインにドラッグして乗せていきます。
ただこの方法だと、
自分でマウスを調整しながら素材を乗せなければなりません。
これだと、動画の間に隙間ができたり、
せっかく合わせた動画に上書きしてしまうこともありえます。
そこで、タイムラインにドラッグしなくても
素材を乗せる方法を紹介します!(ドラッグの操作は必要ですが)
まずはソースでイン点アウト点を打ったら、
それをプレビューの方にドラッグしてみましょう。

何やらいろいろ出てきましたね。
一つずつ見ていきましょう。
真ん中の挿入はタイムラインの線の後ろに素材を乗せる。

後ろに挿入はタイムラインの線上にある素材の後ろに乗ります

前に挿入はその逆で、素材の前に乗ります。
これを使うといちいちタイムラインで
細かい作業が必要なくなりますね。
プロジェクトから素材を選択、
ソースでイン点アウト点を打ちます。
後はプレビューにドラッグしていくだけなので、
これでサクサク素材をタイムラインに乗せていきましょう!
補足: 挿入で素材の乗せた場合、
タイムラインの線は乗せた素材の後ろに自動的にくるので、
プレビューにどんどんドラッグしていきましょう
では残りの説明をしていきます。
上のオーバーレイは元ある素材の上に乗せることができるので、
元の素材を残したまま素材を乗せることができます。

そして置き換えは、
元の素材をまるまる入れ替えることができます。
これはあまり使わないかもしれません。
最後に、私個人的によく使う、上書き。
挿入ではもともとある素材は後ろに押し出されてしまいます。
上書きで乗せると、
後ろの素材が押し出されることがない、
つまりは消えるということです。

これは私の編集方法なので、使うか使わないかはお任せします。
私の場合、まず、素材を選択し、
イン点アウト点を打つ、
この時大体イン点は欲しいところで打って、
アウトはやや長めに取ります。
タイムラインでカットのつなぎを見ながら、
ここでアウトを決めてあげます。
(タイムライン上でアウトのところで停止するだけ)
そして次の素材を選び、
欲しいところでイン点、アウト点は長めに。そして上書きします。
これを繰り返すことで、
実際の編集を確認しながら素材を乗せていけます。
ちなみに毎回この編集方法をしているわけではありません。適当に素材を後ろに挿入で一気に乗せて、後で一つずつ調節していくこともありますし、マウスで素材を乗せることももちろんあります。
もう一つ!
素材を乗せる上で注意点があります。
ドラッグしても素材が乗らない!わけわからん!!
ということが始めの頃はあるかもしれません。
私は最初の頃これで焦りました。
原因について。
タイムラインの横にV1V2V3V4とかA1A2A3とか書いてます。
ここが青くなっているところ青くなっていないところがあります。
さらに鍵マークを挟んでまたV1A1(VはビデオAはオーディオ)
があります。

これが原因になるのです。
今回は鍵マークの左のV1A1について説明いたします。
ここが青くなっていれば問題ないです。
これが消えている時は、
なにをしても素材をタイムラインに乗せることはできません。
あれ?素材が乗らないぞ。
と思った時はここが何かの拍子で押してしまった。
などで消えていることがありますので、
焦らずV1をクリックして青くしてあげましょう。
また、このV1A1は移動可能です。
これを一つ上にやると、ここがタイムラインの中心になり、
先ほど説明した方法で素材を乗せると、
V1があるところに素材が乗るようになります。

この二つを覚えておくと、更に効率よく作業ができるので覚えておいてもいいかと思います。
覚えておかなくても編集はできるので、どっちでもいいですが!笑
今回はここまで!
サモハン大倉でした!
にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YouTube戦略ならお任せください! , 2016 All Rights Reserved.