ブログ記事嫌いが記事をライティングがスラスラ書ける3つのコツ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
YOUTUBEで稼ぐ方法を初め FACEBOOKノウハウ メールマガジンノウハウ 全てのアフィリエイトノウハウをお伝え致します。 メンタリストとして活動している反面もあるので、 メンタル向上も踏まえて読むだけで人生が輝く きっかけになるように記事を書きます。

ブブログ記事嫌いが記事をライティングがスラスラ書ける3つのコツ

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”kantoku.png” name=”kantoku”]極tube (ゴクツベ)のトップページ戻るにはこちらをクリック[/speech_bubble]

 

あなたがネットの中にオリジナル教科書を作ろうと
思った場合は必ず必要になるのが、
文章を書くと言う事です。 

 

ただ文章って慣れるまで、書くの辛いと思います。

僕自身
実は文章書くのが嫌いでした。

 

 

でも毎日文章を書いていると
ドンドン書けるようになってきて
今では多かったら10記事とか書くのも
それなりに気合を入れれば問題なしで書けるようになりました。笑

 

 

継続は力なりと言いましたが、
継続すると自分自身での文章書くのが面白くなったりするのです。

何よりも自分が文章書くのが、少しでも上手くなろうとアレンジしようとか
思うのが、面白いです。 

 

文章を書く為の3コツ 1:ネタ探しを常に

 

ネタ探しをしているのか??
していないのか?
それだけで大きく文章が書けるか?
書けないかが?の差につながります。

 

 

ネタ探しをする上で
非常に大事な事は
自分がまずは何の専門家としてビジネスをしているのか?

 

そして次に
自分が気になっていることと混ぜれば良いだけです。

 

 

僕ならば
Youtubeの専門家として
Youtubeでアクセスが大きく上がっていて
世間一般に露出が多くなっているもの

 

 

こんな物を見つけ語れば
それだけでプロっぽい記事になります。

 

 

2018で言えば
DA PUMPのUSAって歌
これの流行りについて
プロの目線で書いて行くとかけるものです。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”kazu.png” name=”kazu”] これ他のページで僕が書きました。[/speech_bubble]

DA PUMP U.S.A. 振り付け 衣装原曲についてダンサー目線で解説 13万アクセス突破 | スーパーダンサー養成講座リターンズ

 

実は誰でもこう言う記事はかけて
ネイルサロンの方が
女優さんのネイルをテレビで見て
ネイルの装飾 ネイルの全体像 ネイルに合わせたファッション 

 

などいろいろ言い出すと
いくらでも書けると言えるのでは無いでしょうか??

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”kazu.png” name=”kazu”]今流行りを書くとアクセスも伸びやすいです。 [/speech_bubble]

まずは今の流行りに気を使い常に、
プロ目線を持って自分が興味を持った物を
文章に起こすと言う習慣を身につけてください。

 

文章を書く為のコツ 2:見出しを先に書く

 

文章を書くときの必須事項です。
見出しになることを先に書く

今回の記事だとこんな感じ
1:ネタ探しを常に
2:見出しを先に書く
3:文章力より自分らしさ

 

伝えるのが、下手な人は
この記事で言えば

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”kazu.png” name=”kazu”]こんな訳わからない文章になる [/speech_bubble]

ネタ探しを常にしておく事で話が始まっている
はずなのに、気がつけば、見出しは先に書きながら
文章力は別にどうでも良くて
ネタ探しから常に自分らしい事で
そのまま文章にも伝えて下さい。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”kantoku.png” name=”kantoku”]作りだしが決まっていればそんな事が起こらないですもんね。[/speech_bubble]

 

と言うように話が右往左往するのです。

 

人の頭が普通処理できるのは
1つの話は1つの話題

なので、やはり1つの事だけ以外を伝える事は
薄く伝わってしまうので、
できるだけで人に、自分の伝えたい物を伝えれる為には

 

1つの見出し

中身

完結

 

これを繰り返して
文章全体のゴールと言うものを作り上げて下さい。

ーーーーーーーーー

ブログ記事嫌いが記事をスラスラ書ける3つのコツ(大タイトル)

1:ネタ探しを常に (中見出し)
2:見出しを先に書く (中見出し)
3:文章力より自分らしさ (中見出し)
まとめ (中見出し)

ーーーーーーーーー

こう言う風な形になると
見やすく読みやすいに変わります。

 

文章を書く為のコツ 3:文章力より自分らしさ

 

文章力は、必要と言えば必要だと思います。

でも文章の中で、大事なことって
誰が書いたか?
と言う事だと僕は思っております。

 

文章力をある程度以上で
書こうと思う文章を書き始めると
先に自分が進めなくなってしまいます。

 

 

なので、大事な事は
文章がうまい下手気にせず。
書く事から始めて下さい。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”kazu.png” name=”kazu”] 経験こそうまくなるための近道です[/speech_bubble]

 

もしあなたが方言を使う
言い回しに特徴があれば
途中の感情が文章書く人の心情が入っていると
面白いです。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”kazu.png” name=”kazu”] あなた自身のキャラを好きになるので[/speech_bubble]

 

なぜなら文章を書いて
読んでいただけない事は意味なし。

 

 

出来るだけ多くの人に
読んでいただける
自分というキャラクターを持って
文章書いて下さいね。

 

オススメのキャラクター設定ができるのは
ワードプレスでキャラの設定が出来るプラグイン
僕と監督が話しているアイコンですね。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”kantoku.png” name=”kantoku”]そうそうこれです。[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”kazu.png” name=”kazu”] これは評判よしです。[/speech_bubble]

 

文章をかけるコツ まとめ

 

文章書くのは、ポイント抑えておけば
書けるようドンドンなっていきます。

ただポイントが解らず
文章を書き出すと
慣れていないと
ゴールが見えなくなって
文章書く事が出来なくなってしまいます。

 

 

文章は
自分ならばこうだと言うネタを普段から見つける目線を持って
ネタに対しての伝えたいチェックポイントを作っておいて下さい。

 

そして自分らしく表現する

 

たった3つのコツです。
あとは文章を書くと言うことに慣れる事

 

 

慣れればいくらでも文章を書けるので、
3つのポイント覚えて
文章を書く癖を身につけて下さいね。

 

実はお客様は話は聞いてくれないのですが、
文章は読んでくれるので、文章書く癖は必ず身につけて下さい。

 

小学生でも分かる文章を書きましょう。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”kazu.png” name=”kazu”] 僕はそう言う文章しかかけません。笑[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”kantoku.png” name=”kantoku”]勉強なったー こんなノウハウ全部知りたいっす[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”kazu.png” name=”kazu”]全部まとめたのを下の画像タップで全て無料で貰えるから登録したらええやん [/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”kantoku.png” name=”kantoku”]これは今すぐ登録しないと損ですね。[/speech_bubble]

にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
YOUTUBEで稼ぐ方法を初め FACEBOOKノウハウ メールマガジンノウハウ 全てのアフィリエイトノウハウをお伝え致します。 メンタリストとして活動している反面もあるので、 メンタル向上も踏まえて読むだけで人生が輝く きっかけになるように記事を書きます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.